モンスターハンター3 & MH4G 攻略ガイドwiki [モンハン3(MH3)(トライ) 攻略サイト] 攻略 wiki

- アルバトリオン -


トップページ > アルバトリオン





ドスジャギィ / ドスバギィ / クルペッコ / ロアルドロス / ボルボロス / チャナガブル / リオレイア / ギギネブラ / ラギアクルス / リオレウス / ベリオロス /
ディアブロス / アグナコトル / ウラガンキン / イビルジョー / ナバルデウス / ジエン・モーラン / アルバトリオン





煌黒龍アルバトリオン <古龍種>
攻略方法
攻撃パターン
状態
耐性
入手素材
コメント




青太文字赤太文字青太文字**煌黒龍アルバトリオン <古龍種> [#c9c5e0e4]




その姿は稲妻の様とも闇の様とも噂され“煌黒龍”(コウコクリュウ)と伝えられる古龍。
全身を鋭い逆鱗で覆われており触れる者全てを無慈悲に引き裂く。
また、自らに宿す属性が非常に不安定なため、
周囲の天候をも急変させてしまうというまさに"天災"


アルバトリオン(煌黒龍)はめちゃくちゃ強いよ!
青太文字強い装備を忘れずに!
煌黒龍アルバトリオン <古龍種> [#c9c5e0e4]




その姿は稲妻の様とも闇の様とも噂され“煌黒龍”(コウコクリュウ)と伝えられる古龍。
全身を鋭い逆鱗で覆われており触れる者全てを無慈悲に引き裂く。
また、自らに宿す属性が非常に不安定なため、
周囲の天候をも急変させてしまうというまさに"天災"


アルバトリオン(煌黒龍)はめちゃくちゃ強いよ!
強い装備を忘れずに!w

攻撃パターン



体当たり
黒い雷を体にまとわせたような、龍属性の強力な攻撃。
前作のテオ・テスカトルと同じようなもの。
使用頻度が最も高い。
直線的に走ってくる場合と、ターゲットに向かって走ってくる場合の2種類がある。
直線的なタックルは回避しやすいが、走りながら方向を変えてくるタックルは要注意。
突進後の角による突き上げ、尻尾にも攻撃判定があるため注意。
当たると龍やられ状態になる。
空中モードで行った時は龍属性効果が無くなる。



猫パンチ
龍属性の高速猫パンチ。
こちらもテオ・テスカトルと似ている。
発生が早いため、避けるのは困難。
当たると龍やられ状態になる。
尻尾にも当たり判定がある。こちらは当たっても龍やられにはならない。
空中モードで行った時は龍属性効果が無くなる。



尻尾振り攻撃
前作のナナ・テスカトリと同じような攻撃
尻尾を後ろで2回振る攻撃。
アルバトリオンから見て右→左の順で振る。
あまり使用してこないが、威力はそこそこ。
当たると炎やられ状態になる。
尻尾が当たった場所に火柱が発生するが、尻尾を切断すると発生しなくなる。



爆炎ブレス
地上モード時限定
ベリオロスの氷ブレスをそのまま火属性に変えたような攻撃。
ただし、範囲はかなり広い。
飛び退きながら放つ場合もよく仕掛けてくる。
当たると炎やられ状態になる。
火の球はガード不可能だが、それが着弾して発生する火の渦はガード可能。



バックジャンプ&前方アタック
地上モード時限定
後方に素早く飛び退いた直後、前方に超高速で飛び掛かってくる。
発生が非常に早く、威力もアルバトリオンの攻撃の中ではトップクラス。
アルバトリオンの眼前にいた場合、回避はほぼ不可能。
飛び退いた方向に緊急回避すれば、避けられる場合もある。
怒り状態になると使用頻度も高くなる為、最も危険な攻撃である。



バックジャンプ&火炎ブレス
地上モード限定
一見飛び退き〜飛び掛かりのようだが、軽く一歩下がり火の球を吐きながら後退する。
こちらも使用頻度が高く、注意が必要。
使用後は高確率で、突進で追撃してくる。
頭や前足あたりにいると当りやすい。



威嚇(帯電)
地上モード時限定
頭を振り回し帯電を行う。帯電を行うと角に青い電気を帯びる。
この行動の後1分経つとホバリング開始に移行する。
時間内に頭部位にダメージを与えて怯ませることができれば、ホバリング開始への移行を阻止できる。
両角を破壊すると帯電が出来なくなり、ただの威嚇になる。
但し、前脚と頭に当たり判定があるので注意。



ホバリング開始
地上モード時限定
叫んだあと(バインドボイスではない)、その場で動き回ってホバリングを開始する。
一見何もないように見えるが実は攻撃判定があり、威力も高いので近づき過ぎないこと。



氷柱落とし(3発)
飛行モード時限定
上空に向かって氷ブレスを放った後、3発の氷柱を落下させてくる。
氷柱の落下位置は影で把握可能。当たると氷やられ状態になる。
着弾した氷柱はしばらく残るが別に影響は無い上、放置していれば消滅するので気にしなくて良い。
高確率で爪スタンプか尻尾振りで追撃してくるので、範囲外にいても気を抜かないこと。



氷柱落とし(全体)
飛行モード時限定
雄たけびを上げた後、高空に移動し無数に氷柱を放ってくる。
氷柱の落下位置は影で把握可能。当たると氷やられ状態になる。
前作のミラ系と違い、ランダムに降らしつつ、うち一人をホーミングして連続で降らしてくる。
このため、今回はターゲットにされるとランスガードでのやり過ごしが困難になっている(ガード性能が高いとスタミナ削り殺される)。
ただ落下間隔がやや長い為、納刀状態であれば歩いて回避可能。
攻撃終了後はマップ中央に着地するので攻撃のチャンス。



吹雪ブレス
飛行モード時限定
ホバリング時に行う前作のクシャルダオラと同じような攻撃。
比較的ゆっくりとした攻撃。
距離を取るか、真下にいれば当たらない。
当たると氷やられ状態+雪だるま状態。
この攻撃の際、アルバに背を向けて閃光玉を投げると当りやすい。



滑空攻撃 
飛行モード時限定
リオレウスの滑空攻撃の電撃バージョン。
ただし、速度はリオレウスのそれとは比べ物にならないほど疾い。
また、滑空中アルバトリオンの周囲に龍風圧発生。
両翼を破壊すると龍風圧が風圧【大】に弱化する。
当たると雷やられ状態になる。



雷爪スタンプ
飛行モード時限定 
ホバリング中に青く光る爪で地面を抉る。
振動あり。抉った地面から火柱が上がる。
ボーミング1回、ボーミング3回、ジグザグに4回連続で行う場合がある。
当たると雷やられ状態になる。



尻尾薙ぎ払い
飛行モード時限定
ホバリング中に前方下方向を尻尾で薙ぎ払う。
範囲が以外にも広く、速度も速い。
尻尾切断後は範囲が狭くなっている。
当たると氷やられ状態になる。



火柱
咆哮の直後、アルバトリオンの周囲に3本発生。
ホバリング時の雷爪スタンプが当たった場所やバックジャンプ&前方アタックの着地地点にも発生する。
案外ダメージが大きいので注意。
当たると吹っ飛び+炎やられ状態。



咆哮
怒り移行時の他にも地上にいる時は、どのタイミングでも行ってくる。
空中で怒り状態に移行した時は、一旦地上に下りてから行う。
バインドボイス【大】の効果なので無効化する場合は要「高級耳栓」。
判定時間が非常に短い為、通常回避でも避けることが可能。
ちなみに咆哮直後は頭が低い位置に下りてくるので頭を狙うチャンス。


 




状態



瀕死
・威嚇(帯電)の頻度が増える



怒り
・口から陸上では炎
怒り時のステータス補正
 攻撃力130% 俊敏性120%



トップページ > アルバトリオン